発表会小話し(笑)

先日 発表会の自宅練習に ちょっと気合が足りなかった小さい生徒さん
(たいがい 気合での自宅練習は 奇跡に近いものがあるのですが 私たち
教える側は その奇跡をいつもいつも求め続けています。精一杯で。。。)

”発表会の本番で たとえ間違えたとしても 自分の精一杯の演奏ができたら
一番うれしいのは 誰だと思う!?”
ちょっと いえ かなりまじめな口調で真剣に聞いたのですが その生徒さんも
まじめに
”それは ママ先生!!”

そりゃあ 私だって嬉しいよ!確かに!(笑)(笑)
でもでも 私のための音楽ではないのですから。。。

褒めてくれるのは ひとつのツールとして役立ててほしいけれども
やっぱり 自分自身の心というか 感性を豊かにそして 広くしてゆくものと
しての 音楽の位置付けをしていきたいものですね!

それは どんなに小さい生徒さんでも こちらが真剣にとりくめば 伝わるもの
だと信じてます!

でも かわいかった! ほんとはかなり 笑えた!(笑) 
[PR]
Commented by nonno at 2013-07-11 06:17 x
さすが、こども。まっすぐに、真剣に答えてますね。楽器好きな子供って、そんなに大勢いないかもしれません。私もこどものころ、親を悲しませないためにピアノ弾いてましたよ。。。弾いててよかったですけどね~
Commented by ikuko_itagaki at 2013-07-27 00:16
楽器好きな子供いると 私は信じて」ます!
だって そう思わないと 私は悲しいです。
Commented by nonno at 2013-07-29 08:39 x
もちろん。楽器好きというか、無いと生きて行けないような子どもも、いますよ~(うちにも)。
by ikuko_itagaki | 2013-07-10 02:37 | Comments(3)

アイ音楽教室の代表としての日々、そして板垣育子個人としての日々想いも託して  


by 板垣郁子